WEBに関して書きます。ネットでは文房具がいりません。でも、人間は文房具がないと、困ることもあるのです。

WEBを利用して、本を読む事も可能
WEBを利用して、本を読む事も可能

WEBに関して思うこと

WEBには、文房具が一番必要な時があります。頭の中で整理しないと、文章かしても、その人が何を書いているか分からないときがあります。そういう時、筆記用具が絶対必要となってくる世代があるのです。今の若者は、ネットになれていますから、文房具がそう必要でないですが、お年寄りとかは、やっぱり、ネットになれていないから、文房具がやり取りに必要になってくるのです。そういう時、ネットと、文房具の大切さがわかってくるでしょう。

文房具とWEBの大切さは、日常生活にあらわれてきます。人間は頭だけでなく、物事を記して、歴史に残しておくことも重要なので、消えて行く記録は、やはり、この手で残しておかないといけない要素でもあるのです。なかなかそれは出来ないことですが、ネットだけでは生きていけない、だれでも、それを実感することはあるでしょう。電気だけの世界や、電子だけの世界ではどうしようもないことがあるのです。媒介体に、やはり、実物に残るものが必要である、それがすべてなのです。

注目記事