WEBページを表示しているサーバへページ上から攻撃する手法があります。この手法を知り、防止対策が必要です。

WEBを利用して、本を読む事も可能
WEBを利用して、本を読む事も可能

WEBページから攻撃する方法

WEBページを表示しているのはサーバです。このサーバがダウンしてしまう事や、エラーが発生してしまうとページ表示ができなくなる可能性があります。ページ上から、サーバに攻撃を仕掛ける事も可能です。今回は攻撃方法を記載しますが、それは、攻撃の手法を知り、サーバを守るために活用していただきたいと考えています。

1つ目の攻撃方法はF5アタックです。WEBページ閲覧時にキーボードのF5キーを連打する事で攻撃可能です。F5キーを押すとページをリロードしに行きます。サーバはその要求にこたえなければいけません。連続してその要求にこたえようとして、高負荷になり、結果ダウンしてしまうというシナリオです。対策は、同じIPアドレスからの連続した要求は遮断してしまえばよいのです。もう一つはSQLインジェクションです。ページ内の入力欄に不正な命令を書き込み、攻撃を仕掛ける手法です。これには、特定の文字以外入力できないような工夫などで防ぐ事ができます。

注目記事