家庭内で携帯電話やパソコンを使ってWEBにアクセスできるようになって、急速にインターネットは普及していきました

WEBを利用して、本を読む事も可能
WEBを利用して、本を読む事も可能

人々の生活とWEBのかかわり。

今から15年ほど前までは、家庭でインターネットを使う環境はほとんど整っていなかったものです。携帯電話の普及もこの頃で、会社員や女子高生などを中心に徐々に普及率が高まっていきました。当時、携帯電話は通話とメール機能がほとんどでしたが、その普及に伴ってさまざまな機能が搭載されていきました。そのひとつに、WEBサービスが挙げられます。

今でこそ携帯電話でWEBを使うことは当たり前になり、通話よりもこちらの利用のほうが多い人もいるほどです。しかし当時は人々の生活にインターネットが入り込み始めた時代ですから、とても目新しいものだったのです。さらには、それから数年後、家庭でのパソコンの普及も進みました。こうして暮らしの中にネットが浸透していったのです。家庭内でも何か分からないことがあればすぐにネットにアクセスし検索することができます。それまでは家の中で情報を得るにはテレビや新聞などの、限られたツールしかありませんでした。自分から条件などを入れて積極的に情報検索する、というのはネットの大きな利点のひとつでしょう。

注目記事