WEBは双方向での情報交換が可能なので、利用者も近年では増えていて、これからもっと増えることになるでしょう。

WEBを利用して、本を読む事も可能
WEBを利用して、本を読む事も可能

WEBの特徴の一つは双方向での情報交換

最近は情報のよりとりのツールとしてテレビやラジオよりもWEBを利用するという人が増えています。なんといってもWEBは双方向での情報の交換ができるので、これは情報を発信する側としても便利ですし、受信するがわにとっても便利なのです。このことはテレビのような一方向の情報の発信と比較するとわかります。最近はテレビも地デジ化によって、ある程度のデータは双方向でやりとりができるようになりましたが、それでもWEBと比較するとかなり制限された状態での情報交換となっています。

アンケートなどには使えるものの、具体的な意見や感想となってくると、これはWEBしかできないといってもいいでしょう。そのため、今では企業はもとより、個人もどんどんとWEBをチェックするようになってきています。ニュースといったようなものも昔はテレビでチェックするのが普通でしたが、最近はWEBでチェックをするといったような人が増えています。今後もこの傾向は続いていくと考えられます。利用者もWEBの方法が多くなっていくかもしれません。

注目記事